トップ >> 不動産投資の方法とは

不動産の価値は変わる

不動産投資というものは、投資目的に用意された土地や建物などを、購入することからはじまります。土地や建物の価値は常に変動します。その場所の需要が無い時期であれば、その土地や建物の価値ももちろん下がります。需要の高さ、間取り、築年数、設備、立地によってその不動産の価格がきまるのです。投資用の土地や建物は、価格が低いときに購入し、景気や需要によって価値が高く変動した際に売りに出すことで利益を得るという方法があります。また他にはその物件を賃貸として出すという方法があります。土地や建物というと、物理的には減るものではないので、株式投資よりもリスクの低い投資対象であると言えるのです。

不動産の価値の決まり方

土地や建物、つまり、不動産の価値は上記にもある通り、每日変動します。その土地の場所が人気のない時期であれば、価値が低いとみなされて、つけられる価格は低くされます。しかし、例えば鉄道工事がおこなわれて、偶然にもその場所が駅近になったりしたら、人気の場所となるため、価値が高い土地であるとみなされるようになります。価値が高い土地や建物でしたら、それを手に入れて、賃貸に出す目的や、誰かに売却する目的、自分が使用する目的で購入したいと考える人が出てきます。安い時期に購入した不動産をこのタイミングで売却に出すと、大きな利益となるのです。

不動産の価値の情報