トップ >> 月極駐車場の使い方とは

月極駐車場 契約時の消費税

平成26年4月より5%から8%に上がり、平成28年4月からは10%に再増税が予定されている消費税については、食料品などの生活必需品に対する軽減税率の議論が進んでいます。実は、平成2年の消費税導入時より、政策的に消費税を非課税とする取引が決められました。月極駐車場などの駐車場の場合は土地の賃貸借というより、施設の利用なので、非課税取引には該当しません。しかし不動産に関連したものでは住居の家賃、土地の売買および賃貸借は非課税となっています。 そのため、月極駐車場の家賃は消費税の課税対象になります。

月極駐車場の経営について

月極駐車場は空いている土地を利用して簡単に利益を上げることが出来ると言われ、有効な土地利用として非常に人気です。しかし、一つ注意する点があります。それは固定資産税の問題です。通常、空き地の場合には住宅用地として固定資産税の一部減免がされているものですが、これがその他の用途で利用される場合にはその減免が無くなり、固定資産税が高額になるのです。その為、月極駐車場を経営する場合には、その売り上げと、高額になった固定資産税の双方を負担する必要があります。

不動産の用語の情報