つなぎ融資に便利な不動産担保ローン

TOP > 不動産担保ローンについて > つなぎ融資に便利な不動産担保ローン

つなぎ融資に便利な不動産担保ローン

ローンを組む為には、金融会社で申し込みをする必要はあります。
申し込みすれば、金融会社による審査も受ける事になりますが、融資が実行されるのは若干時間がかかる事も多いです。
特に銀行の場合は、複数の業者が審査を行っている都合上、審査結果が通知されるのは数週間かかってしまう傾向があります。
長ければ、1ヶ月ぐらい要する事もあります。
それだけ時間がかかってしまうと、少々困ってしまう事も多いです。
何らかの事情があって、一刻も早く事業資金が必要な時などは、なるべく早く融資を受ける必要があるからです。
その状況になった方々は、しばしば不動産担保ローンの申し込みをしています。
事業用ローンを組むまでは、まず不動産担保ローンで融資を受けておく訳です。
いわゆるつなぎ融資として、担保ローンを活用する事になります。


ところで、つなぎの融資は金利が重視される事も多いです。
というのも事業用融資ですと、借りる金額もかなり高めになってしまう傾向があります。
内容によっては、それこそ数千万円ぐらいの資金が求められるケースも多いです。
それぐらいの融資額ですと、金利手数料は軽視できません。
ところが不動産担保ローンの場合は、全体的に金利手数料は低めに設定されています。
カード型のローンですと年利18%程度になってしまう事も多いですが、不動産担保ローンであれば3%程度になっている事も多いです。
借りる金額が数千万円規模になると、15%ぐらいの金利差は非常に大きいです。
ですから手数料の負担額を抑えたい方々は、しばしば不動産担保ローンを検討しています。
つなぎ融資で担保ローンが活用される事例は、とても多いです。


ところでつなぎ融資ですと、早さも求められます。
事業用融資は1ヶ月ほどかかってしまうケースもありますが、不動産担保ローンは比較的早く手続きを進めてくれる事も多いです。
審査結果が出るのも、比較的スピーディーです。
具体的に何日程度で審査結果が出るかは、申し込みをする金融の会社次第です。
銀行が提供している不動産担保ローンの場合は、審査結果が出るまで時間がかかります。
1週間ぐらいかかってしまう事も多いです。
それに対してノンバンクによる不動産担保ローンの場合は、総じてスピーディーです。
中には、即日で融資を実行してくれるノンバンクもあります。
上述の事業用融資の商品のように、ノンバンクは1ヶ月もかかる事は殆どありません。
ですからつなぎ融資は、ノンバンクの商品が活用される事も多いです。

次の記事へ