ファクタリングと不動産担保ローンはどちらがおすすめか

TOP > 不動産担保ローンについて > ファクタリングと不動産担保ローンはどちらがおすすめか

ファクタリングと不動産担保ローンはどちらがおすすめか

事業資金を確保する方法は色々あります。
ビジネスローンという方法もあれば、不動産担保ローンや公的融資もあります。
その中で不動産担保ローンが選ばれる事も多いですが、その主な理由は融資額です。
不動産担保ローンの場合は、比較的多くのお金を借りられる傾向があります。
他の融資商品よりも限度額は高めですが、その主な理由は不動産物件です。
販売価格が高い不動産物件を抵当に入れると、融資額も高めになる訳です。
また不動産担保ローンは、審査に通る確率も比較的高いです。
事業年数も重視されますが、それよりも物件価値の方が重視されることが多く、融資は受けやすい傾向があります。
ところで資金を確保する手段は、何も不動産担保ローンだけではありません。
売掛金の売却を検討している方も多いです。
いわゆるファクタリングです。


多くの企業は売掛金を抱えていますが、実はそれは金融会社に売却する事も可能です。
例えば現在1000万円の売掛金を抱えているなら、それを専門業者に売却して、900万円ほど確保する方法もあります。
専門業者は、その100万円分の手数料を徴収して利益を得ている訳です。
このファクタリングという方法は、融資を受ける訳ではありません。
あくまでも売掛金を売却して、買取額を支払ってもらう形になります。
ファクタリングの業者によっては、比較的スピーディーに買取額を支払ってくれます。
ただファクタリングには1つデメリットがあって、あまり多くの金額を借りられないケースもあります。
売掛金が少ないと、確保できる金額も少なくなってしまいます。
それよりも、むしろ不動産担保ローンの方が多くの金額を確保できます。
不動産物件を抵当に入れるので、融資額も高めになる訳です。


またファクタリングには、手数料に関するネックもあります。
確かにその方法であれば、比較的スピーディーにお金を確保する事はできますが、手数料が高めになってしまう事も多いです。
現にファクタリングの専門業者によっては、手数料が20%ぐらいになってしまう事もあります。
医療関連のファクタリングは手数料は低めですが、それでも10%ぐらいになる事も多いです。
それに対して不動産担保ローンの場合は、手数料はそこまで高くはありません。
金融会社によって異なりますが、年利3%ぐらいの不動産担保ローンもあります。
ファクタリングと比べると、かえって手数料を低く抑えられる事も多いです。
また不動産担保ローンによっては、即日融資も可能です。
ファクタリングよりも速やかに資金を確保できるケースも多々あります。
ですからファクタリングではなく、不動産担保ローンで事業資金を確保している方々も多いです。

次の記事へ