不動産担保ローンに借り換えをする

TOP > 不動産担保ローンについて > 不動産担保ローンに借り換えをする

不動産担保ローンに借り換えをする

お金を借りている方々は、しばしば手数料を気にしています。
金融会社からお金を借りる場合、所定の手数料を支払う事になるからです。
その主な手数料は、金利です。
ノンバンクの場合は、手数料は少々高めに設定されている事もあります。
消費者金融もその1つですが、できる限り手数料を節約したいというニーズを抱えている方も、少なくありません。
手数料を節約したいなら、繰り上げ返済という方法もあります。
しかし繰り上げ返済による節約にも限界がありますし、手数料が低めなローンを探している方も多いです。
その場合は、不動産担保ローンを検討してみると良いでしょう。
不動産担保ローンは、金利に関するメリットがあるからです。
他の金融商品から、不動産担保ローンに乗り換えている方々も少なくありません。


不動産担保ローンには様々なメリットがありますが、例えば限度額です。
数あるローン商品の中でも、かなり多くの金額を借りる事ができます。
ローンによっては1億円以上借りる事もできます。
それに加えて、不動産担保ローンには金利手数料に関するメリットもあります。
ローンによって年利は異なりますが、3%前後になっている商品も少なくありません。
カード型の融資商品ですと、そこまで金利は低くありません。
カード型ですと、最大年利は18%前後になっている事が多いです。
ですからカード型のローンで借りている方々は、しばしば不動産担保ローンに借換をしています。
複数のローンで借りていたものの、不動産担保ローンで一本化している方も多いです。
借り入れ件数を減らす事ができますし、手数料も低く抑えられるからです。


また不動産担保ローンには、年数に関するメリットもあります。
事業資金を確保したい方々は、しばしばビジネスローンの申し込みをしています。
公的機関から借りるのと異なり、ビジネスローンは比較的スピーディーに融資を受けられますし、確かに便利です。
ですがビジネスローンは、返済期間は少々短くなる傾向があります。
10年以上に渡って返済を続けるというより、数年程度になる事が多いです。
もともと短期融資のローン商品なので、返済期間も短くなっている訳です。
それに対して不動産担保ローンの場合、長期返済も可能です。
数十年以上に渡って返済する事もできます。
ですから何らかの事情があって、できるだけ返済期間を長くしたいというニーズを抱えている方は、不動産担保ローンに借換しているケースもあります。