限度額が高めで保障もある不動産担保ローン

TOP > 不動産担保ローンについて > 限度額が高めで保障もある不動産担保ローン

限度額が高めで保障もある不動産担保ローン

ローンを検討している方々は、しばしば限度額に注目しています。
何らかの事情があって、多くのお金が必要だからです。
例えば設備投資が必要な時などは、かなり多くのお金が求められる傾向があります。
また建物に対する工事などを行う時にも、まとまった費用が求められる事も多いです。
その際にローンが検討される事も多いですが、商品によって限度額は異なります。
カード型のローン商品ですと、限度額は少々低めになります。
高くても1000万円程度に限定されてしまう事が多いです。
1000万円程度では、設備投資が難しくなってしまう事もあります。
その場合、不動産担保ローンが検討される事があります。
担保ローンの場合は、限度額は高めに設定されているからです。
少なくともカード型のローンと比べると、限度額は高めです。


担保ローンの特徴は、いざという時の物件売却です。
そのローンを組む場合は、まず不動産物件を抵当に入れる事になります。
万が一の事があった時には、不動産物件を売却するという条件で、お金を借りる事になる訳です。
というのも人によっては、金融会社から借りたお金を延滞している事があります。
それでは金融会社としては困ってしまいますから、万が一に備えて不動産を担保に入れる訳です。
ですから売却されるリスクはありますが、その反面多くのお金を借りられる傾向があります。
というのも不動産物件は、全体的に販売価格が高めです。
都心エリアの物件ですと、1億円を超えている事もあります。
価値が非常に高い物件を担保に入れる都合上、限度額も高めにできる訳です。
それは不動産担保ローンのメリットの1つです。


ところで不動産担保ローンには、もう1つメリットがあります。
商品によっては、いざという時の保障があるからです。
というのもお金を返済している最中に、万が一の事態が生じる可能性があります。
借りている本人が急病で倒れてしまった時などは、返済が難しくなってしまいます。
ですが不動産担保ローンによっては、保障が完備されています。
万が一重たい病気になってしまった時でも、返済が免除される仕組みになっています。
それは不動産担保ローンの特徴の1つでもあります。
カード型のローン商品の場合は、急病に関する保障はありません。
いわゆるカードローンですと、何かの保険に加入する訳ではありません。
その点不動産担保ローンの場合は、万が一の事態に備える保障も完備されていますから、安心感があります。

次の記事へ